ニュース

当社第1号サービス「サイト無料鑑定団」をリリースしました

アースダイバー株式会社・佐藤です。2021年2月に、当社第1号サービス「サイト無料鑑定団」をリリースしました。
サービス内容はいたってシンプルで、サイト解析・診断を、当社の専属コンサルタントが無料で60分実施するといったものです。

どんな方におすすめか

まず、当社は、企業の健康診断を担当する町医者のような存在でありたいと考えています。ちょっとした不安や、悩みでも気軽に相談に乗り、適切な対策をご提案するというスタンスです。どなたにでもおすすめのサービスでありますが、特に以下に当てはまる方にはおすすめのサービスです。

会社唯一のWEB担当者で、社内にWEBに詳しい人がおらず、どう改善すべきか分からない方
・現在お付き合いしている広告代理店・コンサルに対して不安を感じており、セカンドオピニオンをとりたい方

どのような方法でサイト解析を行なうか

外部のマーケティング分析ツールや、当社独自のチェックリストに基づき、ボトルネックに対する改善策をレポートでご提案します。

あくまでも外部ツールを用いての分析になりますので、NDA締結の必要はございませんが、Google Analyticsなどの権限を確認のうえ詳細な分析がほしい場合は、NDA締結をして必要ツールの権限をいただきます。

なぜ「サイト解析」を始めるのか

先日の記事でも触れましたが、この10年、GoogleやFacebookなどのプラットフォームは成熟・広告出稿企業が増えたことにより、競争過多、つまりCPAが高騰するなどし、小手先のマーケティング手法では通用しなくなってきました。

その結果、サービスそのものに価値はあるのかであったり、その魅力を伝えるランディングページの重要性が、相対的に高まっています。

一方で、広告運用やSEO対策などを重要視する企業は多く存在していながら、ランディングページ・サイトそれ自体を重要なものととらえていない企業が、まだ多いと実感しました。
そのため、「サイト解析」の重要性を広く認知させ、企業のマーケティング課題を解決したく、当サービスを開始しています。

ごく微細な仕様変更で大幅な改善が見込めるケースも

ごく微細な仕様変更で、広告経由のコンバージョンが大幅に改善されるようなケースも多々あります。特に、ランディングページのファーストビューに関しては、ちょっとボタンの文言や位置、数を工夫するだけで数値改善が期待できます。
実は、それに気がつかずに、ずっと機会損失していた…なんてことが起きないように、早めに診断を受けておきませんか。
定石といわれる「必ずやっておくべき施策をスルー」してしまっていることは、多くの確率でありえることなのです。

繰り返しになりますが「無料」です

また、繰り返しになりますが、無料診断です。
特定の広告代理店とのみお付き合いしていると、サイトに関する知見・情報も行き詰まりが出てきますし、インハウスでマーケティングを行なっている会社であっても、外部の客観的・定量的な意見をもらい、改善を進めていきましょう。

申し込みいただいた方にはもれなくセルフチェックリストもプレゼント

無料診断に申し込みいただくと、日頃から使える、サイト運営におけるセルフチェックシートもプレゼントしています。ぜひご活用いただければさいわいです。

この記事を書いた人

佐藤大貴

アースダイバー株式会社・代表取締役CEO。出版社勤務→DeNA→人材ベンチャーでIPOを経て、2019年当社を創業。コンテンツビジネスの世界をより良いものにしたいと考えています。

EARTHDIVER.Inc